うつ病には的確な治療が必要【ココロのモヤモヤを晴らす癒しケア】

看護師

精神的な安らぎが大事

カルテ

いまや、一般的に認識が広まっているうつ病は精神障害の一種です。症状としましては抑うつ状態や思考のストップ、食欲の低下や睡眠障害などがあります。治療方法はいくつかありますが、中でも精神療法が人気です。薬を使わずに、会話で対処していきます。患者さんは、安心感と医師に対する信頼感を得ながら進める事が出来ます。

Read More

症状にあった正しい対処を

下を向く男の人

一般的なうつ病の症状には、思考回路が止まったり、食欲不振や睡眠障害といったものがあります。治療方法としましては、休養、薬物療法、精神療法があります。休養は自分で行える対処法で、薬物療法と精神療法は医師の診断が必要です。それぞれの特徴を理解して最適な治療方法を選択する事が大事です。

Read More

認知行動療法

中年医師

薬物療法や精神療法などでうつ病治療を進めていきます。精神療法の中で認知行動療法は、今後注目されている治療方法です。認知行動療法を正しく進めていけば、バランスの良い思考レベルを持って問題解決に取り組む事が出来るようになります。

Read More

患者数が増加している疾患

ハートと聴診器

うつ病の患者数は100万人以上にのぼり、年々増加傾向にあると言われています。症状があっても病院を受診しない人も多いため、実際はもっと多くの患者がいると推測されています。病院で行われる治療は薬物療法と精神療法になります。

Read More

専門チームに任せる意義

病棟

心の医療専門チーム

うつ病になると気分が沈んだ状態が長く続き、喜びの感情や物事への興味が湧かなくなります。さまざまな身体症状が伴う場合もあって、重症化すると仕事を続けることも困難になる病気です。近年ではうつ病に対する社会の理解度が向上したこともあって、心療内科や精神科の病院を訪れる患者も増えてきました。うつ病を治療するためには、多くのケースで抗うつ薬を中心とする投薬療法が行われます。うつ病を発症すると脳内神経伝達物質の活動が低下しているため、さまざまな症状が発生します。抗うつ薬は脳内の神経伝達環境を改善させるために処方される薬です。抗うつ薬にはいくつかの種類がある他、症状によっては抗不安薬や睡眠導入剤、気分安定剤なども併せて処方されることがあります。うつ病は薬によってある程度は症状が改善される病気ですが、心理療法を併用することでも治療効果を高めることができます。現在では認知療法・認知行動療法と対人関係療法などが心理療法の主流となっています。精神科医や臨床心理士との対話を通じて患者が自分の心と向き合い、前向きな思考や人間関係に対する新たな解釈を獲得していきます。最新鋭の技術と情報を結集した心療内科や精神科のスタッフは、心の医療の専門チームとも言える存在なのです。

休養と環境改善

うつ病治療に当たっては、何もかも病院や病院スタッフにばかり頼りきるというのもあまり得策ではありません。医師の指導や助言に従って、自分なりにいろいろと工夫してみることで、よりいっそうの治療効果が得られるものなのです。投薬療法や精神療法も重要ですが、うつ病を治していく上では休養や環境改善も大事な要素となります。うつ病を発症した患者の心は、さまざまなストレスによって疲弊していることが多いものです。真面目で責任感の強い人ほど発症しやすいと言われている通り、人によってはうつ病になっても仕事を休もうとしない例もあります。そうしたストレス源から離れ、思い切って仕事を休むこともうつ病を治す上では必要です。ストレスの原因となっている環境を変えることは難しい場合もありますが、その点でも医師は適切なアドバイスをしてくれます。自分1人では思いもつかないような発想の転換も、数多くの症例を見てきた医師なら提案できる可能性が高いのです。可能な限り医師の指導に従い、環境を変えてみることでも症状改善につながります。以上のように心療内科や精神科では、うつ病を治療していくために必要なあらゆる知識と技術が医療スタッフの中に凝縮されています。そうした専門チームに治療を委ねることが、心の健康を取り戻すための最善の方法なのです。ココロのモヤモヤを晴らしましょう。