うつ病には的確な治療が必要【ココロのモヤモヤを晴らす癒しケア】

女性ドクター

患者数が増加している疾患

ハートと聴診器

増加する患者

厚生労働省の調査によると、近年うつ病などの気分障害の発症数が急激に増加していると言われています。2008年時点では100万人以上の患者がいるとされていたため、現在ではもっと多くの患者がいることになります。これは実際に病院で治療を受けている患者数のため、実際にはこれよりもかなりの数の患者がいると推測されています。本人にうつ病の自覚がない場合もありますが、自覚があっても何らかの理由によって治療を受けない人が非常に多いと見られています。しかし、うつ病の症状が悪化すると治りが悪くなるだけでなく、自殺願望まで現れるようになるため、非常に危険だと言われています。また、症状によっては入院を余儀なくされることもあります。入院が必要となるのは、自殺の危険性がある、極度の食欲低下や睡眠障害によって衰弱している、副作用が強く現れるため薬物治療が困難などがあげられます。これらの症状がかなり強く現れているような場合には、強制的に入院することになり、通常の病院とは異なる厳重な施設へ入ることもあります。症状が悪化すればするほど治りも悪くなるので、このような状態にならないように、異変に気づいたら早めに病院を受診するのが良いでしょう。

病院では何を行うのか

うつ病の治療は、薬物療法と精神療法が行われます。薬物療法では、脳内の正常化や患者に現れている症状を抑えるための薬が用いられます。治療で最も利用されているのが抗うつ薬ですが、これは脳内の神経伝達物質の働きを促進させるための薬になります。うつ病は心身のストレスなどをきっかけに発症しますが、これはストレスによって脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌量が低下するためにうつ病を発症するということになります。なので、セロトニンの分泌量を正常にするために抗うつ薬を用いるのです。決して、気持ちを効用させたり興奮させるような薬ではありません。抗うつ薬には即効性がないので、長期間の服用が必要となります。そして、精神療法では自分自身の思考パターンや行動パターンを見直しが行われます。うつ病は遺伝や体質、性格などによって発症リスクが変わってきます。しかし持って生まれた性質を変えることはできませんので、自分自身の性格を理解することが最も重要となります。実際に性格をけることができなくても、こういう性格なんだと理解できるだけで、ストレスの感じ方がまったく変わってきます。この治療は自分1人で行うのは非常に難しいため、必ず専門医やカウンセラーと共に行っていくことになります。